進行状況

鬱が進行する時の主な症状

鬱は軽い病状であれば、深刻な症状は出ないことが多いです。しかし、鬱は病気が進行すると生活に支障をきたすような重い症状が出てきます。まず、鬱の症状として多いものに夜眠れなくなることが挙げられます。病状が軽い場合には寝つきが良くない程度だったものが、病状が進行すると夜全く寝付けないことが起こってきます。このように全く眠れないような状況が数日間続く時には、専門医に掛かることが必要になってきます。また、鬱の症状として多いものに食欲がなくなることが挙げられます。気分が落ち込むことで、食欲が減退することに繋がってきます。このように栄養補給ができなくなることで、鬱状態がさらに深刻化する可能性があるために専門医の適切な処方を受けることが重要となります。

処方を受ける以外に生活スタイルを改善することが大事に

鬱病になったと感じた場合には、早めに専門医の診察を受けることが重要です。適切な薬を飲むことで、夜眠りやすくなったり、栄養を十分に摂ることができるようになるからです。適切な薬を飲んでいけば、鬱からの回復が徐々に図れることが期待できます。また、鬱では病院からの処方以外に、日頃の生活スタイルを改善することも重要です。起床はなるべく午前中の早めの時間にして、就寝時間も早めにするなど、生活のリズムを整えるようにします。さらに鬱の症状の改善には、適度な運動をすると良いと言われています。運動としてはハードなジョギングよりも、ウォーキングなどの軽いものが適しています。ウォーキングやサイクリングなどの運動を生活の一部に取り入れることで、症状が改善する可能性が高まってきます。