改善工夫

症状改善の為の工夫について

鬱症状改善の為に様々な工夫を行うと鬱からの回復が早くなります。 まずは、無理のないように運動を取り入れることです。 治療の中には運動療法というものがあります。 運動を行うことで生活習慣と体内循環を改善し自然治癒力を高めていく方法です。 この方法は特に特別なことは必要なく簡単に行うことができます。 さらに費用もかけずに行うことができます。 次にカウンセリングによる認知療法です。 この方法は普通に治療として行われます。 認知療法とはカウンセリングを通して自己の意識改革を行い鬱の原因を取り除いていく治療です。 そのため、再発のリスクを大幅に軽減させることができます。 薬物療法のみの治療よりも症状改善に効果がある為オススメの方法です。

鬱病に対する現在の取り組みについて

鬱病の患者は年々増加し病気の解明の為に多くの研究がされてきました。 その結果近年では様々な治療方法が増えることになりました。 現在も鬱病の治療は薬による薬物治療とカウンセリングによる認知療法が中心です。 しかし、薬による治療は体に負担がかかります。 そのため、薬に極力頼らない治療方法の研究が進んでいます。 TMSうつ磁気刺激治療や運動療法がこの例に当てはまります。 TMSうつ磁気刺激治療とは磁気により脳内血流の改善を行い症状を直していく方法です。 この方法では副作用がほとんどなく体への負担もだいぶ軽減されます。 運動療法とは運動によって生活習慣と体内循環を改善しながら症状を直していく方法です。 この方法は従来から存在しましたが、鬱病治療として近年再注目されています。